イベント

東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」
第三回公開シンポジウム「動く空間情報〜都市における人の流れとその把握手法の今後」

 東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」第三回公開シンポジウムが開催されました。

日時

平成20年10月14日 14:00-18:15

場所

東京大学駒場第Uキャンパス(生産技術研究所内)An 棟2 階コンベンションホール

参加者数

166名

主催

次第

14:00-14:05 挨拶
東京大学空間情報科学研究センター長・部門長・教授 柴崎亮介
14:05-14:35 講演
「交通計画や都市計画と地理空間情報」
国土交通省都市・地域整備局都市計画課都市計画調査室長 阪井清志
14:35-15:05 講演
「ナビゲーションの最先端を行く」
株式会社ナビタイムジャパン 社長 大西啓介
15:05-15:35 講演
「人の流れに対する交通工学的アプローチ」
東京大学空間情報科学研究センター客員教授・東京理科大学教授 内山 久雄
15:35-15:45 休憩
15:45-16:15 講演
「世界的なモバイルペイメントの動きと国際共通IC 乗車券の開発」
国土交通省総合政策局情報政策課長 遠藤誠之
16:15-16:45 講演
「人の流れと屋外メディア総合調査(SOTO)」
株式会社ビデオリサーチ メディア事業局長代理 野原久男
16:45-16:55 技術紹介
「動線解析プラットフォームによる移動体データの処理」
東京大学空間情報科学研究センター特任講師 関本義秀
16:55-17:05 休憩
17:05-18:10 パネルディスカッション
コーディネータ:東京大学空間情報科学研究センター長・部門長・教授 柴崎亮介
パネラー:講演者
 
18:15 閉会
   
18:30-20:00 懇親会(会場:An 棟4 階 中セミナー室1 An401・402 )

配付資料

関連リンク

寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」第3回公開シンポジウム「動く空間情報〜都市における人の流れとその把握手法の今後」