イベント / マッシュアップコンテスト結果 (地理空間情報流通実験コンソーシアム)

地理空間情報流通実験コンソーシアム −第1回 マッシュアップコンテスト結果−

 流通実験において整備したデータの一層の活用をはかり、流通実験の成果を対外的にもPR するためには、データの活用事例を実際に提示することが有効である。また、行政などの地理空間情報の整備主体に対してデータの提供を依頼する場合、データ提供による効果や利用方法を具体的に提示することで、利活用に関する共通認識を持つことができ、協力体制を構築する上でも効果的である。
 そこで、地理空間情報流通実験コンソーシアムでは、今後の流通データの拡充や利活用促進に向けて、実験システムで提供されているデータを組み合わせたサービス・イメージを募集することとした。
 募集は「マッシュアップコンテスト」としてコンソーシアム会員企業に対してアイデアを任意で提供してもらうこととした。



【提案内容と受賞】


【審査結果】

 全9件の応募があり,応募された提案内容については、幹事委員16名によって以下のように評価を行った。その結果、金賞として東京電力「森林簿利活用による業務品質向上支援について」、銀賞としてオートデスク「地理空間情報と図面情報のマッシュアップによる土木・インフラストラクチャ事業のライフサイクル効率化」、銅賞として全地連情報化委員会「地盤災害情報提供サービス」とパシフィックコンサルタンツ「森林情報と気象情報を用いた花粉症対策シミュレーション」が選定され、第8 回コンソーシアムの場で表彰した。




関連URL

東京大学空間情報科学研究センター 寄付研究部門 Webサイト(ニュース掲載欄)

東京大学空間情報科学研究センター