次世代社会基盤としての空間情報技術

 クラウドコンピューティング、スマートシティ等の流れの中で、地理空間情報技術は重要な社会基盤技術としての色彩を強めてきております。本寄付研究部門では、今後、各分野の社会基盤に地理空間情報技術が一層有効に利活用されるための社会的な実験とそれに基づく技術開発、政策提案などを実現し、その成果を教育に生かすことを目的としています。

寄付研究部門 CSIS-iの目標

(1) 地理空間情報の流通・高次利用に関する技術基盤の開発

(2) 産官学が円滑に地理空間情報をやり取りできるコミュニティの醸成


具体的には、関係者共通で進める基盤プロジェクト(「地理空間情報流通実験」と「人の流れプロジェクト」)や個別に関係企業等と進める個別プロジェクトを中心としつつ、前寄付研究部門で行ったきた政策支援活動も引き続き継続します。


CSIS-iが目指す4つのゴール

データの持続的・安定的な流通のための基盤技術の構築

空間統計,データ収集,蓄積,行動推定,予測など社会基盤としての空間情報技術の開発

地理空間情報の収集と蓄積

公共施設,観光情報,測量成果,道路図面,公示情報,森林情報,埋設物など広域かつ多様な空間データを収集・蓄積

地理空間情報流通のための運営コミュニティの醸成

地理空間情報流通のための協議会立ち上げによるデータ流通の体系化,標準化,市場の育成,活性化

アウトリーチ活動

民間の協力研究員,外部講師を招いての月1度の定例会議,年3回の公開シンポジウム,Web,書籍,論文,人材育成など

news

[2016/05/27] CSIS-i最終成果報告・公開シンポジウム 「次世代社会基盤情報の総括と未来に向けて」が6/17に開催されます新着
[2016/03/29] 「次世代社会基盤情報」寄附研究部門の最終報告書(PDF形式:14MB)を掲載致しました
[2016/03/29] 日本の地方自治体で提供されているオープンデータリスト・バージョン3を公開しました!
[2016/01/29] 第十三回公開シンポジウム 「G空間プラットフォームの民間開放に向けて〜サイトの試験公開始めます〜」が開催されました
[2015/11/05] 日本の地方自治体で提供されているオープンデータリスト・バージョン2を公開しました!
[2015/10/13] 第十二回公開シンポジウム&アーバンデータチャレンジ2015「アーバンデータチャレンジは地域創生に貢献できるか?〜地域20拠点、一挙中間報告!」が開催されました。
[2015/07/22] 第十一回公開シンポジウム&アーバンデータチャレンジ2015「地域の課題解決力を全国に拡げよう!〜第2期・10の地域拠点&支援拠点が新たに参戦〜」が開催されました。
[2015/02/16] 第十回公開シンポジウム 「リアルのデータに浸れ〜空間情報の流通市場『G空間プラットフォーム』の幕開け」が開催されました。
[2015/01/08] G空間情報の円滑な流通や利活用に向けたプラットフォーム開発に着手 〜総務省「G空間プラットフォームの開発・実証」事業の開始〜
[2014/11/16] 「復興支援調査アーカイブチーム」が地理情報システム学会の「学会賞(ソフトウェア・データ部門)」を受賞いたしました。