イベント / 第6回 公開シンポジウム

東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」
第六回公開シンポジウム 「脱ガラパゴス!〜持続安定的な空間情報社会構築に向けた海外のNSDI動向〜」 のご案内

 若葉の候、皆様におかれましては益々ご健勝のほどお慶び申し上げます。

 東京大学空間情報科学研究センターでは、平成20 年4 月より、持続安定的な空間情報社会を実現するための総合的かつ実践的な研究を行うことを目的として、寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」を設立し、鋭意活動を進めております。 当部門では、技術開発、学術研究にとどまらず、空間情報の視点から社会のイノベーションを推進することを目指しています(詳細は掲載の関連URL をご覧ください)。

 今回のシンポジウムでは、地理空間情報を高度に活用できる社会の実現のために不可欠であり,地理空間情報活用推進基本法の成立を受けて益々注目されるNSDI(National Spatial Data Infrastructure:国土空間データ基盤)について,アメリカ,イギリス,オーストラリア,中国,韓国など各国の第一線で御活躍されている方々をお招きし、各国のNSDI動向や事例について御講演をしていただくとともに、パネルディスカッションを通じて、御参加の皆様との議論を深める良い機会となることを期待しております。 多くの皆様が御参会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

日時

平成21年6月8日(月) 13:30-18:40

場所

東京大学駒場第Uキャンパス(生産技術研究所内)An 棟2階コンベンションホール

主催

協賛

次第

司会 東京大学空間情報科学研究センター特任講師 関本義秀

13:30-13:40 挨拶
東京大学空間情報科学研究センター長・部門長・教授 柴崎亮介
13:40-14:00 講演
「各国のNSDI政策におけるトレンドの比較分析」
東京大学空間情報科学研究センター 特任研究員 李 ヨンジュ
14:00-14:30 講演
「イギリスにおけるSDIの構築」
英国 地理情報協会 会長 クリス ホルクロフト
14:30-15:00 講演
「韓国におけるSDIの現状と展望」
韓国 国土研究院地理空間情報研究センター センター長 サコン ホサン
15:00-15:10 休憩
15:10-15:40 講演
「オーストラリアの空間情報産業の動向とNSDI」
豪州 空間情報共同研究センター 副CEO グレーム ケーニッヒ
15:40-16:10 講演
「中国のNSDI政策の動向」
中国 上海華東師範大学 教授 季 民河
16:10-16:40 講演
「日本におけるNSDI政策の動向」
日本 国土交通省国土計画局 参事官 大野 淳
16:40-17:10 講演
「アメリカのNSDI政策」
ISO/TC211(国際標準化機構) 委員長 トム ヘンリー
17:10-17:40 Coffee break
17:40-18:40 パネルディスカッション
コーディネータ:東京大学空間情報科学研究センター 特任研究員 李 ヨンジュ
パネラー:講演者
 
18:40 閉会
   
※講演は英語で行われます。(同時通訳付き)
※講演内容は急の事態等で変更になることがあります。
   

お申込み:  「お申し込みフォーム」よりお願いいたします。

※会費:4000円  (当日、受付にて現金でお支払い下さい。 引き替えに領収書をお渡しします)
※定員(250 名程度)になり次第締め切らせていただきます。
※事前の申し込みは5月31日となります。それ以降は当日受付となります。
※お申し込み多数となる可能性もあるため、キャンセルの場合は事前に必ず事務局あてに連絡頂くようよろしくお願いいたします。
※なお、今回は関係者の都合上、閉会後の懇談会は用意しておりません

※お申し込み以外のお問い合わせにつきましては,下記事務局までお願いいたします。
      寄付研究部門事務局:addr

関連URL

東京大学空間情報科学研究センター「空間情報社会研究イニシアティブ」寄付研究部門

東京大学空間情報科学研究センターWebサイト(イベント掲載欄)