イベント / 第2回 公開シンポジウム

東京大学空間情報科学研究センター 次世代社会基盤情報寄付研究部門
第2回公開シンポジウム 「No Smartphone, No Life.〜事例から学ぶスマートフォンの潮流〜」 のご案内

 初冬の候、皆様におかれましては益々ご健勝のほどお慶び申し上げます。
 東京大学空間情報科学研究センターでは、平成23年6月より、持続安定的な空間情報社会を実現するための総合的かつ実践的な研究を行うことを目的として、「次世代社会基盤情報 寄付研究部門」を設立し、鋭意活動を進めております。当部門では、技術開発、学術研究にとどまらず、空間情報の視点から社会のイノベーションを推進することを目指しています(詳細は掲載の関連URLをご覧ください)。

 2010年の世界出荷台数が前年比72%成長し、国内でも2015年には2,200万台に達すると予想される“スマートフォン”。今回のシンポジウムでは、実世界と空間情報を結びつけ我々の生活を変える端末として成長が期待される“スマートフォン”の利活用をテーマに行います。最新の技術動向を踏まえた上で、いかに実世界に組み込み、空間情報の発展、さらには我々の生活をより便利にどう変えていけるのかについて、産官学の第一線でご活躍されている方々をお招きし、テーマ別に取り組みや事例について御講演をしていただきます。またパネルディスカッションや懇親会を通じて、御参加の皆様との議論を深める良い機会となることを期待しております。多くの皆様が御参会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

日時

平成24年1月17日(火) 13:30-18:15

場所

東京大学駒場第Uキャンパス(生産技術研究所内)An 棟2階コンベンションホール

主催

次第

司会 東京大学空間情報科学研究センター 特任助教 薄井 智貴

13:30-13:40 挨拶
東京大学空間情報科学研究センター 教授 柴崎 亮介
13:40-14:10 講演 (情報分野)
「スマートフォンで広がるICTの世界 〜 発展の背景と研究事例 〜」
日本Androidの会 学生部リーダー
東京大学大学院 情報理工学系研究科 石塚宏紀
14:10-14:40 講演 (携帯電話事業分野)
「NTTドコモのARサービスと位置情報(仮)」
株式会社NTTドコモ サービス&ソリューション開発部
サービス連携基盤担当 担当課長 服部弘幸
14:40-15:10 講演 (行政分野)
「GIFU・スマートフォンプロジェクト 〜さらなる飛躍に向けた岐阜県の取り組み〜」
岐阜県商工労働部情報産業課 課長 中島守
15:10-15:20 Coffee break(10分)
15:20-15:50 講演 (測量分野)
「観光ARとの位置情報精度−準天頂衛星みちびきの精度と利用可能性−」
金沢工業大学 環境・建築学部環境土木工学科 教授 徳永光晴
15:50-16:20 講演 (医療・介護福祉分野)
「リハビリテーションを始めとする医療分野へのスマートフォンの活用」
京都大学 医学部附属病院 医療情報部 特任助教 岡本和也
16:20-16:50 講演 (観光分野)
「スマートフォンで観光体験を「拡張」する −旅行者目線での取り組み−」
首都大東京 大学院都市環境科学研究科観光科学域 准教授 倉田陽平
16:50-17:20 講演 (安心・安全分野)
「セコムの社会システム産業とスマートフォン」
セコム株式会社 IS研究所 認証基盤グループ グループリーダー 松本泰
17:20-17:30 休憩(10分)
17:30-18:15 パネルディスカション
コーディネータ:東京大学空間情報科学研究センター 教授 柴崎 亮介
パネリスト:講演者
18:15 閉会
18:30- 懇談会 (会場:An棟 2階 ホワイエ)
   
※講演内容は急の事態等で変更になることがあります。
   

お申込み:  「お申し込みフォーム」よりお願いいたします。

※定員(250名程度)になり次第締切ます。締め切り後は当日受付に直接お越し下さい(その場合、立ち見の可能性があります)。
※シンポジウムは無料です(資料:1,000円)。その後の懇親会は2,000円となります。
※キャンセル等、お申し込み以外のお問い合わせにつきましては,下記事務局までお願いいたします。
(無断キャンセルが多くなっています。定員締切で申し込めない方も多いので、ご配慮よろしくお願い致します)
      寄付研究部門事務局:csis-i-office@csis.u-tokyo.ac.jp

関連URL

東京大学空間情報科学研究センター 寄付研究部門 Webサイト(イベント掲載欄)

東京大学空間情報科学研究センター