イベント / 第13回 公開シンポジウム

東京大学空間情報科学研究センター 「次世代社会基盤情報」寄付研究部門
第13回公開シンポジウム 「G空間プラットフォームの民間開放に向けて〜サイトの試験公開始めます〜」の御案内〜

 近年、クラウドコンピューティング、スマートシティ等の流れの中で、地理空間情報は重要な社会基盤としての色彩を強めてきております。東京大学空間情報科学研究センター「次世代社会基盤情報」寄付研究部門では、 地理空間情報技術が一層有効に利活用されるための社会的な実験や技術開発、政策提案などを実現しその成果を教育に生かすべく、データの持続的・安定的な流通のための基盤技術の構築を5年間に渡って行ってきました。

 他方、国においても内閣官房の地理空間情報産学官連携協議会の研究開発ワーキンググループの下で、「地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会」が開催され、「G空間情報センター」の整備に向けた議論が行われたほか、総務省においても平成25年3月より「G空間x ICT推進会議」が開催され、官民が保有するさまざまなG空間情報を円滑に組み合わせて利活用できるG空間プラットフォームの構築が、平成26年度より本格的に取り組まれています。

 そこで本シンポジウムでは、「次世代社会基盤情報」寄附研究部門の主な活動の一端として、空間情報の流通市場としてのG空間プラットフォームに焦点を当て、平成28年度の民間開放に向けて構築中のG空間プラットフォームや、G空間プロジェクトについての概要をご紹介頂くとともに、多様な空間情報に関する事業者側からの期待、さらには空間情報を扱う関係機関からも話題提供を頂きます。なお、今回の公開シンポジウムではデモ展示を行うと共に、期間限定でプラットフォームの試験公開を行う予定です。

 話題提供や懇親会等を通じて、御参加の皆様との議論を深める良い機会となることを期待しております。


日時

平成28年1月26日(火) 13:30〜18:10

場所

東京大学駒場第Uキャンパス(生産技術研究所内)An 棟2階コンベンションホール

主催

次第

                                           
13:30-13:35 開会挨拶
東京大学空間情報科学研究センター 教授 柴崎亮介
   
【第一部:G空間プロジェクトの取り組み】
司会:東京大学空間情報科学研究センター 特任教授 西沢明
13:35-13:50
「地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会の検討状況」
国土交通省国土政策局国土情報課長・筒井智紀
13:50-14:05
「総務省のG空間×ICTプロジェクトについて」
総務省情報流通行政局情報流通振興課課長・今川拓郎
14:05-14:20
「G空間プラットフォーム全体構成やデータ収集状況等について」
東京大学生産技術研究所 准教授 関本義秀
14:20-14:35
「G空間プラットフォームのデモ」
東京大学生産技術研究所特任研究員/朝日航洋株式会社・大伴真吾
   
  (休憩20〜25分・ホワイエにてデモ展示を予定)
   
【第二部:関連する先端技術の紹介】
司会:東京大学空間情報科学研究センター 特任准教授 中條覚
15:00-15:20
「ようやく地球もオープンソースに:Migrating from Google Earth API to Cesium」
首都大学東京システムデザイン学部准教授・渡邉英徳
15:20-15:40
「オープンストリートマップに続く、新しいネオジオグラファーの胎動」
青山学院大学地球社会共生学部教授・古橋大地
15:40-16:00
「Drupal等を活用したデータポータル構築技術の紹介」
ANNAI株式会社取締役CCO・太田垣恭子
16:00-16:20
「Githubを活用した地理院地図の配信等の紹介」
国土交通省国土地理院情報普及課長・出口智恵
   
(休憩 10分)
   
【第三部:関連機関・データホルダからの期待】
司会:東京大学空間情報科学研究センター 特任准教授 中條覚
16:30-16:50
「都市計画の基礎となる情報と今後の活用のあり方」
国土交通省都市局都市計画課都市計画調査室課長補佐・加藤学
16:50-17:05
「DIAS(Data Integration and Analysis System)のデータ紹介」
東京大学地球観測データ統融合連携研究機構特任准教授・生駒栄司
17:05-17:20
「車載カメラ画像データの紹介と徳島県、静岡県におけるG空間防災システムでの応用」

パイオニア株式会社情報サービスプラットフォームセンタープローブ活用推進担当部長・野崎隆志 みずほ情報総研株式会社経営・ITコンサルティング部・紀伊智顕

17:20-17:35
「Agoopデータの御紹介」
株式会社Agoop営業企画本部長・秋末浩彦

17:35-17:50


「オリンピックを見据えたまちの三次元データ整備」
アジア航測株式会社空間情報事業部DS事業部担当部長・菅野秀一
17:50-18:10
「ソーシャルICT/IoTとG空間」
国立研究開発法人情報通信研究機構ソーシャルICT推進研究センター長・富田二三彦
18:10- 閉会挨拶
東京大学空間情報科学研究センター 特任教授 西沢明
   
18:20-20:00 懇談会 (会場:An棟2Fホワイエ内を予定)
   
※内容は急の事態等で変更になることがあります。

※既定数に達しましたのでお申し込みは終了させていただきます。たくさんのご応募ありがとうございました。
※キャンセル等、お申込以外のお問合せにつきましては、下記事務局までお願いいたします。
寄付研究部門事務局:csisi-office[at]csis.u-tokyo.ac.jp
(キャンセルされる場合は、その旨ご連絡よろしくお願いいたします。)

当日、インターネット中継も予定しています。 http://www.ustream.tv/channel/nLKqx7Wj87k

関連URL

東京大学空間情報科学研究センター【HP】

東京大学記者発表「G空間情報の円滑な流通や利活用に向けたプラットフォーム開発に着手」 【HP】