道路更新情報流通推進タスクフォース


概要

《背景》

道路分野について、産官学の関係機関が連携して、道路更新情報の収集・配信・利活用等の流通環境が整備されることを目的に活動しています。

《活動内容》

道路更新を円滑に流通させるための技術・仕組みの具体化を目指します。
テーマとして、以下の視点から行います。

  • 地図そのものではなく「更新情報」の流通を目指します。
  • 官民の様々な主体からなる道路更新流通推進研究会と連携しつつ研究を進めます。
  • 研究は、検討した技術・仕組み案の検証のための試行実験の実施・評価を含みます。

H21年度までの成果

  • 実態・ニーズの整理を行った結果、将来的には、管理者による道路更新情報の流通により、官民の様々な主体のデータベース更新の効率化・活性化、およびサービスの高度化につながる可能性があることが明らかとなりました。調査整理結果の概要は以下の通りです。
    • 道路更新情報に関する潜在的なニーズは非常に大きい
    • 複数の業界に共通するニーズが存在し、提供する情報によっては業界に共通で活用できる可能性がある
    • 民間では現状の様々な取り組みを組み合わせて情報収集を行っている
    • 管理者からの情報提供は、情報項目によっては半数以下の主体からの提供に留まっておりかつ電子的な情報提供は限定的である一方、情報の整備は市町村含め高い割合で行われている
  • 公開シンポジウム「第五回 カーナビから広がる世界〜道路分野に見るデータ流通の潮流」を行った.
  • 平成21年度以降は、引き続き道路更新流通推進研究会での議論を踏まえつつ、実験による検証フェーズに入る予定です。

論文発表

  • 中條覚, 関本義秀, 南佳孝, 柴崎亮介, 道路更新情報に関するニーズと情報提供の実態について, 第29回交通工学研究発表会論文集, pp.305-308, 2009.
  • Satoru Nakajo, Yoshihide Sekimoto, Yoshitaka Minami, Harutoshi Yamada, Ryosuke Shibasaki, Getting broad overview of road update from procuement notices of road constructions, Proceedings of 15th World Congress on Intelligent Transport Systems, Stockholm, CD-ROM (6ページ), 2009.

メンバー

幹事長中條覚株式会社三菱総合研究所
住田英二アジア航測株式会社(H20)
真屋学アジア航測株式会社(H21)
山田秀之アジア航測株式会社(H21〜)
平野宗亮インクリメントP株式会社
福重新一郎インクリメントP株式会社
山内徹ESRI ジャパン株式会社
山口章平株式会社建設技術研究所
落合修国際航業株式会社(H20)
奥村希国際航業株式会社(H21)
松林豊国際航業株式会社(H21〜)
青柳京市株式会社ゼンリン(H21〜)
関本義秀東京大学
南佳孝東京大学(H20〜H22)
高石光博日本工営株式会社
南幸弘(財)日本情報処理協会データベース振興センター(H21〜)
坂下裕明株式会社パスコ
嶋田忠男株式会社パスコ

付録資料

図1
図2
図3
図4